ウッドデッキ

ナチュラルガーデンの定番~ウッドデッキのある暮らし。

狭い敷地こそ、ウッドデッキで広々と~

狭い敷地こそ、ウッドデッキで広々と

リビングルームの延長として、青空のもとで編み物をしたり読書をしてくつろぎ、休日には、朝日を浴びてのブレックファースト、夜は心おきなくバーベキュー。デッキは開放感に満ちた伸びやかな第三の居間として活用できます。

「でも、土地の狭い都会では無理ね」という声がきこえてきそうですが、土地が狭いからこそ、小さな庭を残してただ眺めるだけではもったいない、リビングからスリッパのままで出られるデッキをつくり、トレリスで目隠ししたほうが有効利用できるし、いまの洋風な外観にも似合うでしょう。


植物との相性もばっちり~ウッディな落ち着きの庭

植物との相性もばっちり~ウッディな落ち着きの庭

デッキのあちらこちらには、鉢を素焼きでそろえて草花を植え、フェンスにはハンギングバスケットをつくって、花いっぱいのデッキをアレンジしてみました。

「木のデッキなので、花も一段と映えるみたいです。」


広がりと落ち着きのデッキ活用事例

広がりと落ち着きのデッキ活用事例

コストダウンのため、造成地等でよく法面をいかした外構を多く見かけますが、その分使える庭は狭くなります。

フラットの面を広げる方法の一つとして図のようにデッキを使用する事もあり、全体の雰囲気もよくなるし、植物ともよく馴染みます。


ウッドデッキと永く付き合う方法

ウッドデッキと永く付き合う方法

天然木を使用したデッキは呼吸しています。

汚くなったからといって表面にペンキを塗ってしまっては、デッキは窒息してしまいます。

日頃のお手入れ方法

木は生き物ですので、ウッドデッキになっても当然、生き続けています。ですから、長持ちするかどうかは、お手入れの仕方で決まります。

日常のお手入れの基本は水洗い。でも毎日は大変ですよね。汚れたら、デッキブラシなどでゴシゴシ丸洗いしてください。

それで十分です。

アウトドアステインを使ったお手入れの時期は、まずデッキ設置の半年後に1回行ってください。この半年後のお手入れが非常に需要で、その後の耐久性に大きく影響を与えます。その後は出来れば毎年、最低でも2~3年に1度のお手入れをお勧めしています。

ご自分でお手入れなさる時には、以下の要領でオイルステインを塗布してください。

オイルステインを塗る前に

  • 塗装をする面のゴミ、油分、汚れなどをきれいにふき取ってください。
  • 塗装をする面がケバだっている場合は、サンドペーパーなどできれいにして下さい。
  • 他の塗料が残っている場合は、塗膜を取り除いてください。
  • オイルステンが塗装されている場合は、ゴミなどを取り除くだけで結構です。

オイルステインの塗り方

  • 塗る前に缶をよくかき混ぜて、中身を均一にして下さい。
  • アウトドアステインは、薄めずにそのまま塗装してください。
  • ハケまたはウエス(布)にステインを染み込ませ、ふき取るように塗布してください。
  • 標準塗りは2回が原則です。1回目を塗ってから半日後に2回目を塗ってください。

耐久性のよいユニット式のデッキ

最近では耐久性のよいユニット式のデッキがふえています。バルコニー等現状復旧が求められるような場所では最適で、簡単に施工ができ、工期もかかりません。900角の商品や300角の商品等があります。


デッキ選びのポイント

サンルーム・ウッドデッキ

最近素材が多彩になってきたウッドデッキ。

設置場所や、メンテナンスなどにも注意して天然木、人工木のデッキ、デッキにあった手すりやフェンスのコーディネートも含め、検討しましょう。クラウンエクステリアでは豊富な種類のウッドデッキを展示しています。デッキに加えてテラスなど各メーカーの比較ができます。


クラウンエクステリアの大展示場で、さまざまなウッドデッキをご覧ください。»
クラウンエクステリアの大展示場へお越しください。

このページの先頭へ